SSブログ

デルタ、「ニッポン500マイル」を条件付きで継続 [主にデルタ(ノースウエスト)航空]

ちょうど一年前の4月29日。
私は、ふるさと岩手県を走る「全通」したばかりの三陸鉄道に乗って
一年後と同様の素晴らしい天候のもと、そういえば1984年の開業日もいい天気だったなと
思いながら、久しぶりに見る海辺の風景を楽しんでいました。

その時は約半年後、くしくもこのとき三陸鉄道に編入されたばかりの
旧山田線区間を中心に、台風で再び運休の憂き目に遭うとはつゆ知らず。

ましてや、さらにその後、再度の復活は果たしたものの
ほどなく当地のみならず、国内外ほぼすべてが新型ウイルスの猛威にさらされ
観光や経済で大打撃をこうむるとは、予想だにできませんでした。

そして、私自身も。
あれから一年。当時と同じ会社にて、同じ仕事をしていますが
勤務場所が自宅、そう、いわゆる「テレワーク」をすることになったのです。

派遣社員という立場なので心配していましたが、とにかく、仕事があるだけでも
ありがたく思いました。
当初は環境があまりにも激変したため、首や肩のひどい凝りに悩まされましたが
次第に「おこもり生活」にも慣れ、今は、ある程度マイペースで仕事が進められる
テレワークが、ずっと続くことになってもいいかなと思い始めています。
*ただ、どうしても運動不足の問題はつきまといますね

こういう毎日ですから、趣味にしてきた陸マイラー活動も、すっかりご無沙汰状態。
どちらかというとネット通販より、リアル店舗でマイルをためてきた人ですから
外に出なくなると、マイルのたまるスピードもそうとう鈍ってきて。

なかでも心配していたのは、JALやANAのマイルをメインでためる傍ら、
細々とためていたデルタ航空の「スカイマイル」。
一度もデルタ航空やスカイチーム参加の航空会社を利用せず、20万マイルを
目標に、およそ17万5000マイルまでためてきましたが
メインでためていたネットモールの「スカイマイルショッピング」が
昨年8月でサービスを終了して以来、私のデルタ陸マイラー生活は事実上、
途絶えてしまうことになりました。

残る頼みの綱は、日本の国内線であれば、どの航空会社でも、また特典航空券でも
1フライトの利用につきデルタの500マイルもためられるという
「ニッポン500マイル」キャンペーンの存在ですが、実は私、今回のコロナ騒動で
ひょっとして、「ニッポン500マイル」は期限の2020年3月31日で
終了してしまうかと思っていました。

未曽有の航空不況。国際線はおろか、国内線だって減便が相次ぎ
マイラー本来の姿である「空マイラー」は大受難の時代。
当然、「乗ってマイルをお得にためる」キャンペーンは見直しを余儀なくされ
なかにはマイレージサービスに終止符を打つ会社があってもおかしくないとも
思っていたのです。

せっかく目標まであと少しというところまで頑張ってきたのに
このまま中途半端な形で、スカイマイル貯蓄を断念してしまうのか。
いや、デルタやスカイチームのエアラインに乗ってマイルをためる道は残されても
それじゃ当初、自分で決めた条件を変えなきゃなりませんから、それは避けたい。

半ば覚悟を決めて、ニッポン500マイルの最新情報を検索してみたら。

なんと!! いわゆる「ニッポン500マイル」は続行が決定してましたが。
自分では思いもよらなかった条件がついていました。

日本国内線のご利用で500ボーナスマイルを獲得

概要は以下のとおりです。

旅行期間:2020年4月1日~2021年1月31日2020年9月30日
ボーナスマイル:日本国内定期線1フライトにつき500ボーナスマイル
対象のスカイマイル会員ひとりにつき最大20フライト分までボーナスマイルを獲得できる。
ボーナスマイルは、ニッポン500マイルキャンペーン・ボーナスマイル加算申請
フォームの送信時点とフライト利用日時点の両時点で対象会員であった場合に獲得可能。

対象フライト:日本国内定期路線

対象のスカイマイル会員:次の1、2のいずれかを満たす会員
1.メダリオン会員
2.スカイマイル提携クレジットカード本会員
(デルタ スカイマイル TRUST CLUB VISAカード、デルタ スカイマイル ダイナース
クラブカード、デルタ スカイマイル JCBカード、デルタ スカイマイル アメリカン・
エキスプレスのカード。いずれも日本国内で発行されたクレジットカードの必要あり)

ひや~、これまでは日本在住のスカイマイル会員であればほぼ全員が
ニッポン500マイルでマイルをためることができたのに、この4月以降は
メダリオン会員か、デルタ提携クレジットカードの会員でなければならないとは。

いや、私は「デルタに乗らない」と決めてきた人なので、事実上自分にとっては
デルタ提携のクレジットカードを持つことが、ニッポン500マイルでマイルをためる
唯一の道になってしまうのです。

いや、私だってこれまで幾度となく、「デルタのクレジットカードを持とう!」と
決意してきたんですよ。
しかしそのたびに、ずいぶん前から続く個人的な経済状態に悩まされ…
すなわち、「今申し込んでも、カードの審査に落ちてしまうかもしれないな~」と
いう不安があって、つい尻込みをしていたわけなんです。

なんとか仕事が続けられることになった今だって、古くはリーマンショックの直後、
最近ではおととしの夏の数カ月間、仕事がほとんどなかった状況が尾を引き
それこそ、近いうち支給されるはずの「一律10万円」が一刻も早く手に入るよう
心待ちにしているのが現実なんです。
*それにしても、個人ひとりひとりではなく世帯主の口座に入るとは…
もともとの「一世帯30万円」が家族の人数に応じてになり、もらえる条件が少し
緩和されただけで、当初とあんまり変わらないなあと思ってるのって私だけ?

うーん、今年はデルタのマイル加算、お休みしようかな。
どうせ国内線の運航は不安定だし、私自身も飛行機に乗りまくれるような
身分では到底ないわけですから。
今年は雌伏の年。じっと耐えて、もう少し経済状態がよくなってから
申し込もうと思っています。

でも、もうひとつ気になるのは、今回の期間が「2021年1月31日まで」の
10カ月間であること。
いつもの3月末までの一年間ではなく、1月で切るのはなぜ!?
果たして、今年の収入を確認してから申し込んでも間に合うんでしょうか。
*本キャンペーンは予定より早く、2020年9月30日搭乗分までで終了となりました。


お読みくださいましてありがとうございます。次回もお楽しみに。
よろしければいずれか、クリックを。今後とも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 電子マネーへ      にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ       「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


メールはこちらへお願いします。



コメント(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。