SSブログ

私だって、ずっと前から鉄子です!

2016年10月、初めての著書ローカル鉄道の解剖図鑑」が出版されました。

トラベルライターの仕事の依頼がございましたら、お気軽にお申し付けください。
得意分野は鉄道[新幹線]飛行機[飛行機]温泉[いい気分(温泉)]など。お待ちしております。
メールはこちらへお願いします。

電子マネー関係の記事の作成(取材・執筆など)も喜んで承ります。
単行本の執筆もおまかせください! 原稿も短期間で用意できます。
2013年冬、「電子マネーに夢中になっているオバサン」として、Eテレ(NHK教育)の深夜番組でも紹介されました。

もうひとつのブログ(個人ブログ)もよろしくお願いします。
あの頃の鉄道旅行が今、よみがえる…。月に一度のペースで更新しています。
女子大生 国鉄全線 ひとり旅
前の5件 | -

暮らしでマイルをためる道(2020年晩夏版) [暮らしでマイルをためる]

残暑お見舞い申し上げます。7月は雨続きで、涼しい日も少なくなかったのに
8月に入ったとたん、急に猛暑&晴れた日が続き、「梅雨明け10日」のところが
まるで「梅雨明け20日」いや「梅雨明け30日」と言い換えた方がいいほど
夏らしい日が続いている東京地方です。皆さんはどのようにお過ごしでしょうか。

さて、前回は旅行券やマイルが抽選で当たる、JALカードのキャンペーンについて
ちょっと書きましたが。
おおむねJALのキャンペーンって、条件がゆるいのはいいんだけど
抽選で当たるっていうのが多くて…なかには、あんなに努力したのに
全然報われなかったっていう経験もしょっちゅうしてます。

その一方でANAは、もともとキャンペーン自体多いほうではなかったけど
コロナ禍の最近は、おこもりしながらネット通販とか、あるいは近所の店などを
ある程度利用して条件を満たせば、もれなくマイルがもらえるキャンペーンが
行なわれることが増えてきました。

で、現在開催中なのが「マイルGETラリー2020夏 MAX1200マイルプレゼント!」
https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/cpn/summer20-08/

2020年8月3日(月)~2020年9月30日(水)の期間中に参加登録のうえ、
下記ステージの条件達成数に応じて、最大1200マイルをプレゼント!

ステージ1
対象サービスを「旅行」「おうち(ネット通販)」「おでかけ(実店舗)」「グルメ」
「ポイントから交換」の5つのグループに分け、1グループ5000円(税・送料別)以上で
そのグループの条件達成とカウント。2グループ利用・条件達成で100マイル~
5グループ利用・条件達成で400マイルのボーナスマイルが、利用金額に応じた
マイルとは別にもらえます。
なお、指定の対象サービス3つ以上含まれる場合は、さらに200ボーナスマイル加算!

ステージ2
「2020年9月30日時点でANAカードを持っている」
「キャンペーン期間中にANAふるさと納税で5000円以上寄付」
「キャンペーン期間中にマイル積算可能な運賃でANA国内線に搭乗」
以上の条件、いずれか1つ達成で100マイル~全部達成して300マイルの
ボーナスマイルをプレゼント。

ステージ3
ステージ1を5グループ全部(400ボーナスマイル)、
ステージ2の3条件全部(300ボーナスマイル)をコンプリートすると
各ステージのマイルとは別に300マイルプレゼント。

つまり、ステージ1で最大600マイル、ステージ2で最大300マイル、
ステージ3で300マイルだから、最大1200ボーナスマイルとなるわけ。

これ、今年5月下旬~7月末にかけて類似のキャンペーンが行なわれてたけど
そのときに比べて、条件が細分化され、よりバラエティに富んだアクションで
マイルがもらえるチャンスが広がったって感じで。
かつてノースウエスト航空が行なっていた「パイル・オン・マイル」って名前だっけ?
そういうキャンペーンを彷彿とさせる企画になっています。

私自身は、ステージ1の「おうち」「おでかけ」「グルメ」の3グループで200マイル、
ステージ2の「ANAカード所持」で100マイルの合計300マイルをゲットする予定。
まあ、飛行機を利用する機会はないし、これのために
ふるさと納税を行なう気もありませんからねえ。

それよりも気になっているのが、じつは、デルタ航空のほう。
先日、案内メールが届いたんだけど、今、デルタスカイマイルJCBカードの
3種類あるいずれかのカードに入会して、所定のスマホ決済に登録&1円以上利用、
かつ指定期間(入会後約3~4カ月間)に合計20万円以上利用すると、
なんと1万ボーナスマイルをプレゼント!

そのほか、入会ボーナスマイルやファーストフライトのボーナスマイルなどもあって
最大2万1000マイル以上獲得するチャンスがあります。

こちらは、「ニッポン500マイルキャンペーン」によるマイルの恩恵を受けるのが
メダリオン会員か、デルタ提携クレジットカード会員に限定されるようになって以来
もっぱら陸でスカイマイルをためてきた自分としては、クレカを持つしか
もはやマイルをためる道は残されてないなあって感じで…。

特にこのキャンペーン、ショッピングをデルタ提携カードに極力絞って利用すれば
一挙に100万円分(一番ベーシックな、100円1マイルたまるテイクオフカードの場合)
利用したのと同じくらいのマイルが手に入るとあって、すでに約17万6000マイル所持、
ふたりでヨーロッパ往復が可能な20万マイル達成がいよいよ射程距離に入ってきた
自分としては、グッと目標が近づくのに願ってもないチャンス! というわけです。

でもなあ。このキャンペーンの締め切りは、2020年10月31日申し込み受付分まで。
一番ベーシックなテイクオフカードですら、去年の年収&現在の経済状態では
心許ないと思う自分にとっては、メールの片隅にあった
「期間以降も、継続してキャンペーンを実施する場合があります」という一文に
期待するしかないわけで。

もっとも、キャンペーンが延長されて、めでたくカードを手に入れることができても
「ニッポン500マイルキャンペーン」の実施が、今のところ2021年1月31日までだから
デルタのマイルは事実上、もっぱら暮らしの中でためていくしかないんでしょうね…。


*前回は、ふるさと岩手県での初コロナ感染者の確認に対して
「県庁所在地レベルの都市で、えげつない村八分があるほうが、
よっぽど恥ずかしいわっ!」って書いたけど、青森市では、感染が確認されていない
帰省者に対し「(東京に)さっさと戻れ!」なんて書かれたチラシがまかれたって
話があり…いやはや、どこの地方でも街の規模にかかわらずこういう話はあるようで。
それでも岩手県も、じわじわと感染者が増え、全国で2番目に感染者が少ない
鳥取県を抜くのも時間の問題なのかも…(2020年8月29日20時現在)。


お読みくださいましてありがとうございます。次回もお楽しみに。
よろしければいずれか、クリックを。今後とも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 電子マネーへ      にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ       「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


メールはこちらへお願いします。



コメント(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

キャッシュレス還元ポイント、受け取りました [主にJAL]

皆さん、こんにちは。
今回は、前回の記事でちょっと書いた、JALカードの「キャッシュレス還元ポイント」を
受け取った話を書きたいと思います。

さて、4枚持ってるクレジットカードのうち、唯一、「現金還元」ではなく
「ポイント還元」だった、JAL DCカード。
前にも書いたように、私は5%還元の店って、ほかのクレジットカードも含め
ほとんど利用したことがなかったので、いくばくか還元されるにしても
微々たるものかと思っていたら。

なんと! 行きつけだった美容院がたまたま対象店だったのが功を奏したのか
チェックしたら、還元されるポイントは5,430ポイントにも!
1ポイント1円相当ですからねえ。これはなかなか大きい数字ですよ。

てなわけで、さっそく還元ポイントの交換手続きを行ないました。
JAL DCカードの還元ポイントから交換できるのは、Amazonギフト券をはじめ
nanacoギフト、WAONポイントID、EdyギフトID、App Store & iTunes ギフトカード、
Google Play ギフトコード、NET CASH、Pontaポイント コードの各種。
*交換期限は2020年11月末日まで。交換商品は変更されることがあります

で、JALカードからだと真っ先にWAONポイントIDが交換先に思い浮かんだんだけど
手持ちの「JMB WAON」なる電子マネーはあくまでWAON本体とマイルのやり取りで、
WAONポイントとのやり取りはできなかったはずだから、これは却下。

あとは、Amazonギフト券かnanacoギフトか迷ったんだけど
結局nanacoギフトに決めました。
セブン-イレブンではANAマイルとの兼ね合いで、いつもANA JCBカードを紐づけにした
QUICPay(正確にはGoogle Payを間に介したQUICPay)を使ってますから
邪道といえば邪道なんだけど、プライベートで、まとまった量のスキャンを取る
必要が出てきて、お店のマルチコピー機では、現金かnanacoしか使えないというから
じゃあnanacoを充てようと思った次第。

それで、今日の午前中に手続きを終えました。
明日の朝6時以降に、セブン-イレブンにあるATM等で受け取れるようです。
実際にいつ行くかは未定ですけどね。

それから、JALカードではこんなキャンペーンも行なってるみたいです。

「感謝の気持ちを込めて JALカードご愛顧ありがとうキャンペーン」
https://www.jal.co.jp/jalcard/information/card2007/

参加登録の上、2020年7月16日(木)~2020年10月15日(木)の期間中、
JALカードを合計30,000円(税込)以上ご利用いただいたかたの中から
抽選で2,020名様に、JAL旅行券(10万円分)や6,000マイルなどが当たります。
対象店舗は、JALカードが使える店なら基本的にどこでもOKですが
なかでもマイルがお得にたまるJALカード特約店を合計2,000円(税込)以上
ご利用いただいた場合は、当選確率が2倍に!
*特約店利用者には、ダブルチャンスもあります

私、登録してなかったけど、「参加登録とJALカードご利用の順序は問わない」
というから、さっそく登録しようっと。メインカードだけあって、
7月16日以降、細々だけど利用してきたもんね。このチャンスを生かさなければ!

てなわけで、相変わらず在宅勤務が続いているうえに、また新型コロナ感染者数が
増加傾向で、なかなか旅行や外出もままならない昨今ですが、これからも粛々と
マイル獲得活動は、続けていきたいと思います。

*ふるさと岩手県で、とうとう初の感染者(2名)が出ましたか…
もっとも、盛岡市と宮古市と、いずれのかたもある程度大きな町に住んでいたのは
変な言い方だけど、不幸中の幸いだったのかな(私自身、両市とも住んでいたことが
あります。特に盛岡は、人の出入りも多いし)。
というか、以前、「集中して感染者が発生したら恥ずかしい」なんてブログに書いたけど、
県庁所在地レベルの都市で、えげつない村八分があるほうが、よっぽど恥ずかしいわっ!


お読みくださいましてありがとうございます。次回もお楽しみに。
よろしければいずれか、クリックを。今後とも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 電子マネーへ      にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ       「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


メールはこちらへお願いします。




コメント(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

近況報告(2020年6月) [暮らしでマイルをためる]

皆さん、こんにちは。
私は緊急事態宣言が解除され、6月に入り、誕生日を過ぎても、
ずっと在宅勤務を続けています。

当初はあまりの環境の激変にとまどい、肩こりや首の痛みなどに悩まされましたが、
生活に慣れるにつれ、むしろ会社に通勤していたころよりも体調がよくなり、
長年煩わされていた不眠症も、徐々に治りつつあります。
*といって今も月に1~2度はなかなか寝付けず…実はおとといもそうでした

当分続きそうな、この「おこもり生活」。
前にも書いたように、私はどちらかというとネット通販より、
リアル店舗でマイルやポイントをためてきた人ですから、外に出なくなると、
マイルやポイントのたまるスピードもそうとう鈍ってきて。

まして定期券を使わなくなったりすると、いちいち電車に乗るのもかったるくて。
ですからキャンペーンなどに合わせて、今までリアル店舗で済ませていたところで
初めて通販サイトを使ったところも、いくつかありました。

例えばJALカードのほうでこの春にあった、紀伊国屋書店とマツキヨのキャンペーン。
どちらも、交通費を使わなければならないところ、それでも定期券の範囲内に
リアル店舗があったので、それらを利用していましたが。

在宅勤務が始まると、それらの店舗になかなか行けなくなり。
特に紀伊国屋書店。私はもっぱら新宿本店を利用していましたが、
平日の営業時間は、私の勤務時間と見事にバッティングしてしまい、
土・日・祝日に至っては、一時、休業という事態に(泣)

ですから、ネット通販で本を買うのはこれまで経験してなかったわけではないですが
とにかく初めて、紀伊国屋のウェブストアなるものを利用させていただきました。

またマツキヨについても、初めてオンラインストアを利用しました。
もっともマツキヨの場合、最近、家から片道30分くらいのところ(歩いて)に
リアル店舗を見つけ、以後はそちらで買い物をするようにしています。
*もっとも平日の買い物は難しいので、週末中心ですが

また、AMCことANAマイレージクラブで現在(2020年7月31日まで)行われている
「STAY SAFE マイルキャンペーン」も、A群(リアル店舗や、AMCと直接提携している
通販サイトが中心)、B群(ANAマイレージモールを経由して買い物をすれば、
ANAのマイルがたまる通販サイト)それぞれから1店舗以上、合計3店舗利用すれば
通常マイルとは別にボーナスマイル100マイルがもれなくプレゼントされるというもの。
https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/cpn/staysafe20-05/
*要参加登録

こちらも私、すでにキャンペーンの条件を満たした、はず。
*利用金額の決まりがどこにもなかったので…たぶん、これでいいと思ってるんですが

特にこちらのキャンペーン、A群にあのセブン-イレブンが入ってますからね。
ANAカード、あるいはANAカードを紐づけにしたiDやQUICPayで支払えば
何円(最低、200円で1マイル)の買い物でも、大丈夫だと思うんですが…
(一部の店舗や商品、あるいは紐づけの場合、一部のANAカードを除く)

もっとも、6月30日で政府肝いりのキャッシュレスポイント2%還元が
終了すれば、コンビニの利用頻度は落ちてしまうかもしれない…
*そういえばレジ袋無料もこの日で終了ですね

そうそう、キャッシュレスポイント還元制度の終了といえば。
これも以前に書いたけど、私、コンビニ以外の「5%還元」の店なんて
ほとんど利用しなかったなあ。家の周りに対象の店が少なかったこともあるけど。
やっぱり、マイルなどがお得にたまる提携店(たいていはポイント還元対象外)を
優先していたこともありますからね。

しかも、手持ちのクレジットカード4枚のうち、3枚は「現金で還元」型だったけど
それらのクレジットカードに関しては、5%還元店での利用は「ほぼ」皆無だった次第。
*まあJCBが独自にやってた「Google Pay」経由の
QUICPay利用20%還元キャンペーンでは、上限5万円まで利用しまして
最大金額の1万円のキャッシュバックを受けましたけどね(笑)
その一方で、セゾンの5万円キャッシュバック(抽選)は、見事に撃沈…

唯一「ポイントで還元」されるJAL DCカードについては、たまたま行きつけの美容院や、
契約しているプロバイダが5%還元の対象になっていて、定期的に還元はされるけど…
ほかは土産物店とか1回利用しただけだし。
*あと、前述の紀伊国屋書店ウェブストアも(意外にも)ポイント還元店でした

こんな調子だから、全部合わせても微々たるものだろうと思ってたら、
なんと、あらためてチェックしたら、合計で5000円前後のポイントが
還元されるようなんですよ。まさに、チリも積もれば山となる!?

このJAL DCカードの場合、還元ポイントは電子マネーなどに交換できるようで。
Amazonギフト券などと迷ったんだけど、結局私は、nanacoギフトなるものに
交換することになりそうです。

えっnanaco!? お前はセブン-イレブンではANAマイルをためるため
QUICPayを使うんじゃないの? と突っ込みを入れられそうですが
じつはプライベートで、まとまった量のスキャンを取る必要が出てきて
お店のマルチコピー機では、現金かnanacoしか使えないというから
じゃあnanacoを充てようと思った次第。

まあいろいろと書きましたが、夏はもうすぐ。
都道府県境をまたぐ移動が「解禁」され、心配していた「青春18きっぷ・夏版」も
どうやら予定どおり発売されそうという感じで、ゆっくりと以前の状態に
戻りつつある昨今ですが、まだまだ予断を許さない状況下にあることは否定できません。

私だって、行きたいところはそれなりにあるのですが、予約が必要とか、
マスク必須とかいうのを見たりすると、「そうまでして行きたいか」という気持ちに
なってしまうのが正直なところ。

もちろん、賑やかすぎない観光地を存分に味わうのは、今が絶好のチャンスでしょう。

これから「Go To キャンペーン」も開始される予定があり、また、ほかにもお得な切符や
キャンペーンが展開されるだろうと思うと、そこまで待ってもいいのではないか、と。

いずれにしても私もこの夏、また「屋外を歩くことを中心とした」
小旅行を始めるつもりでいます。
皆さんも納得のいく範囲で、それぞれの夏を過ごしてくださいね。


お読みくださいましてありがとうございます。次回もお楽しみに。
よろしければいずれか、クリックを。今後とも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 電子マネーへ      にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ       「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


メールはこちらへお願いします。



コメント(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

ちょっと気の早い話 [あいさつ・内輪話]

例の「布マスク2枚」は、東京都に配り始めたという発表からだいぶ経って、
「やはりここは東京とは名ばかりのところだったか」と思い始めた
5月22日に、やっと届きました。
*すでに不織布マスクをかなり買い込んでしまってました(苦笑)

また、ひとり一律10万円の「特別定額給付金」については、
昨日やっと申請書が家に送付されまして。
家族の誰も(といってもわが世帯は夫婦2人ですが)マイナンバーカードなぞ
持ってなく、はなから郵送のつもりでしたので、近いうちにダンナが
必要書類をそろえるなどして返送する予定です。
まあ、さほど急いではないですが(かといってもらえなくては大変困る)
6月中に受け取れればありがたいなと思ってます。

さて私、緊急事態宣言が東京都などに発令された4月7日からずっと
在宅勤務で仕事を続けていて、このほどの宣言解除とともに、また地獄の
満員電車に揺られる通勤生活が始まるかと思っていたら。

なんと。私の勤め先では6月以降も原則テレワークということで、
少なくとも私の所属部署では、これからもしばらく今までどおりの生活が
続くことになりそうです。

そんなわけで、外に出ることもあまりなく、ましてや電車に乗ることもめっきり減り
クレジットカードや電子マネーをここぞとばかりに使ったりとか、
ポイントやマイルを鬼のようにためたりする行動からは
すっかり遠ざかっているような気がしてます。
*まあ、買い物するときなどはほぼキャッシュレスなんですけどね、昔から

ですから、まあ、家でのおこもり生活にどっぷり浸かってるわけですから
皆様にお披露目できるようなお得な話とか、面白いネタなどは
残念ながら持ち合わせていないのが実情といったところ。

ああ、好きな旅行が、心置きなくできるようになるのはいつの日なんだろう。
現実には不可能な海外旅行はともかく、国内旅行であれば、
あの外国語の洪水に面食らうこともない、ひと昔前の「静かな観光地」を楽しむには
今が絶好の機会であることは確かなんですが。

いかんせん、個人的にも金銭的な余裕はなく
さらに、「お得なきっぷ」というのも影を潜めている状況。

例えば、今年は7月1日~8月31日が発売期間で、7月20日~9月10日が利用期間という
JR恒例の「青春18きっぷ」夏版は、予定どおり発売されるんでしょうか?
もちろん、発売されれば、人気を博すことになるんでしょうけど
それが「密」を生む原因になってしまえば…。

今年は各地の夏祭り、あるいは秋祭りまでもが相次いで中止されるような現状。
そして、見渡せばマスクの軍団。
「with COVID-19」新型コロナウイルスと「共存」しながら
これから生活をしていかなければならないという覚悟が必要とされる昨今。
もう、「発生前」の世界には後戻りができないでしょう。

飛行機はもっと大変ですね。
減便を余儀なくされ、会社の存続にかかわるような未曽有の経営状態に追い込まれ。
気前のいいキャンペーンなんて、期待するほうがおかしいというものです。

ふう。それでも、旅好きの私は「旅行が心置きなく楽しめる状況」を夢見つつ
また、自分のトラベルライターとしての復活の夢も心の奥にしっかりと据えつつ
これからの道を歩んでいきたいと思っています。


お読みくださいましてありがとうございます。次回もお楽しみに。
よろしければいずれか、クリックを。今後とも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 電子マネーへ      にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ       「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


メールはこちらへお願いします。



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

デルタ、「ニッポン500マイル」を条件付きで継続 [主にデルタ(ノースウエスト)航空]

ちょうど一年前の4月29日。
私は、ふるさと岩手県を走る「全通」したばかりの三陸鉄道に乗って
一年後と同様の素晴らしい天候のもと、そういえば1984年の開業日もいい天気だったなと
思いながら、久しぶりに見る海辺の風景を楽しんでいました。

その時は約半年後、くしくもこのとき三陸鉄道に編入されたばかりの
旧山田線区間を中心に、台風で再び運休の憂き目に遭うとはつゆ知らず。

ましてや、さらにその後、再度の復活は果たしたものの
ほどなく当地のみならず、国内外ほぼすべてが新型ウイルスの猛威にさらされ
観光や経済で大打撃をこうむるとは、予想だにできませんでした。
*岩手県は4月29日現在、感染者「ゼロ」の状態が続いてますが
これ、緊急事態宣言が解除されたとたん、バタバタと出てきたら恥ずかしいですね…

そして、私自身も。
あれから一年。当時と同じ会社にて、同じ仕事をしていますが
勤務場所が自宅、そう、いわゆる「テレワーク」をすることになったのです。

派遣社員という立場なので心配していましたが、とにかく、仕事があるだけでも
ありがたく思いました。
当初は環境があまりにも激変したため、首や肩のひどい凝りに悩まされましたが
次第に「おこもり生活」にも慣れ、今は、ある程度マイペースで仕事が進められる
テレワークが、ずっと続くことになってもいいかなと思い始めています。
*ただ、どうしても運動不足の問題はつきまといますね

こういう毎日ですから、趣味にしてきた陸マイラー活動も、すっかりご無沙汰状態。
どちらかというとネット通販より、リアル店舗でマイルをためてきた人ですから
外に出なくなると、マイルのたまるスピードもそうとう鈍ってきて。

なかでも心配していたのは、JALやANAのマイルをメインでためる傍ら、
細々とためていたデルタ航空の「スカイマイル」。
一度もデルタ航空やスカイチーム参加の航空会社を利用せず、20万マイルを
目標に、およそ17万5000マイルまでためてきましたが
メインでためていたネットモールの「スカイマイルショッピング」が
昨年8月でサービスを終了して以来、私のデルタ陸マイラー生活は事実上、
途絶えてしまうことになりました。

残る頼みの綱は、日本の国内線であれば、どの航空会社でも、また特典航空券でも
1フライトの利用につきデルタの500マイルもためられるという
「ニッポン500マイル」キャンペーンの存在ですが、実は私、今回のコロナ騒動で
ひょっとして、「ニッポン500マイル」は期限の2020年3月31日で
終了してしまうかと思っていました。

未曽有の航空不況。国際線はおろか、国内線だって減便が相次ぎ
マイラー本来の姿である「空マイラー」は大受難の時代。
当然、「乗ってマイルをお得にためる」キャンペーンは見直しを余儀なくされ
なかにはマイレージサービスに終止符を打つ会社があってもおかしくないとも
思っていたのです。

せっかく目標まであと少しというところまで頑張ってきたのに
このまま中途半端な形で、スカイマイル貯蓄を断念してしまうのか。
いや、デルタやスカイチームのエアラインに乗ってマイルをためる道は残されても
それじゃ当初、自分で決めた条件を変えなきゃなりませんから、それは避けたい。

半ば覚悟を決めて、ニッポン500マイルの最新情報を検索してみたら。

なんと!! いわゆる「ニッポン500マイル」は続行が決定してましたが。
自分では思いもよらなかった条件がついていました。

日本国内線のご利用で500ボーナスマイルを獲得
https://ja.delta.com/us/ja/skymiles/how-to-earn-miles/skymiles-offers#offer

概要は以下のとおりです。

旅行期間:2020年4月1日~2021年1月31日

ボーナスマイル:日本国内定期線1フライトにつき500ボーナスマイル
対象のスカイマイル会員ひとりにつき最大20フライト分までボーナスマイルを獲得できる。
ボーナスマイルは、ニッポン500マイルキャンペーン・ボーナスマイル加算申請
フォームの送信時点とフライト利用日時点の両時点で対象会員であった場合に獲得可能。

対象フライト:日本国内定期路線

対象のスカイマイル会員:次の1、2のいずれかを満たす会員
1.メダリオン会員
2.スカイマイル提携クレジットカード本会員
(デルタ スカイマイル TRUST CLUB VISAカード、デルタ スカイマイル ダイナース
クラブカード、デルタ スカイマイル JCBカード、デルタ スカイマイル アメリカン・
エキスプレスのカード。いずれも日本国内で発行されたクレジットカードの必要あり)

ひや~、これまでは日本在住のスカイマイル会員であればほぼ全員が
ニッポン500マイルでマイルをためることができたのに、この4月以降は
メダリオン会員か、デルタ提携クレジットカードの会員でなければならないとは。

いや、私は「デルタに乗らない」と決めてきた人なので、事実上自分にとっては
デルタ提携のクレジットカードを持つことが、ニッポン500マイルでマイルをためる
唯一の道になってしまうのです。

いや、私だってこれまで幾度となく、「デルタのクレジットカードを持とう!」と
決意してきたんですよ。
しかしそのたびに、ずいぶん前から続く個人的な経済状態に悩まされ…
すなわち、「今申し込んでも、カードの審査に落ちてしまうかもしれないな~」と
いう不安があって、つい尻込みをしていたわけなんです。

なんとか仕事が続けられることになった今だって、古くはリーマンショックの直後、
最近ではおととしの夏の数カ月間、仕事がほとんどなかった状況が尾を引き
それこそ、近いうち支給されるはずの「一律10万円」が一刻も早く手に入るよう
心待ちにしているのが現実なんです。
*それにしても、個人ひとりひとりではなく世帯主の口座に入るとは…
もともとの「一世帯30万円」が家族の人数に応じてになり、もらえる条件が少し
緩和されただけで、当初とあんまり変わらないなあと思ってるのって私だけ?

うーん、今年はデルタのマイル加算、お休みしようかな。
どうせ国内線の運航は不安定だし、私自身も飛行機に乗りまくれるような
身分では到底ないわけですから。
今年は雌伏の年。じっと耐えて、もう少し経済状態がよくなってから
申し込もうと思っています。

でも、もうひとつ気になるのは、今回の期間が「2021年1月31日まで」の
10カ月間であること。
いつもの3月末までの一年間ではなく、1月で切るのはなぜ!?
果たして、今年の収入を確認してから申し込んでも間に合うんでしょうか。


お読みくださいましてありがとうございます。次回もお楽しみに。
よろしければいずれか、クリックを。今後とも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 電子マネーへ      にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ       「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


メールはこちらへお願いします。



コメント(0) 
共通テーマ:特典・懸賞
前の5件 | -