SSブログ

私だって、ずっと前から鉄子です!

2016年10月、初めての著書ローカル鉄道の解剖図鑑」が出版されました。

トラベルライターの仕事の依頼がございましたら、お気軽にお申し付けください。
得意分野は鉄道[新幹線]飛行機[飛行機]温泉[いい気分(温泉)]など。お待ちしております。
メールはこちらへお願いします。

電子マネー関係の記事の作成(取材・執筆など)も喜んで承ります。
単行本の執筆もおまかせください! 原稿も短期間で用意できます。
2013年冬、「電子マネーに夢中になっているオバサン」として、Eテレ(NHK教育)の深夜番組でも紹介されました。

もうひとつのブログ(個人ブログ)もよろしくお願いします。
あの頃の鉄道旅行が今、よみがえる…。月に一度のペースで更新しています。
女子大生 国鉄全線 ひとり旅
前の5件 | -

JR東日本駅ナカコンビニ「ニューデイズ」が、交通系以外の電子マネーにも対応 [電子マネー・QRコード決済]

こんにちは。
ずっとおこもり生活は続いてるし、目ぼしいキャンペーンはあまりないしで
最近は、ごく限られた店やサイトで、クレジットカードなどを使って
マイルやポイントを細々とためる日々が続いています。

そんな中、JCBカードが
「コンビニでJCBカードのスマホ決済を体験しようキャンペーン」を
本日、2021年5月31日まで行なってまして。

キャンペーン参加登録のうえ、日本国内のコンビニエンスストア(一部店舗除く)で
Apple Pay・Google Pay(TM)を利用すると、ご利用金額の20%が
もれなくキャッシュバック!
*最大1000円分ということは…5000円までの利用が対象ですね

で、JCB主催のキャンペーンだけあって、手持ちのJCBカードをスマートフォン端末に
設定し、コンビニ店頭でJCB肝いりの後払い式電子マネー「QUICPay(クイックペイ)TM」
および「JCBコンタクトレス」で支払った金額が、キャンペーン対象となるとのこと。
使うときは、店頭で「クイックペイで」または「JCBコンタクトレスで」と伝えれば
OKですよ。

私も、この春手に入れたばかりのデルタスカイマイルJCBカードをQUICPayにひも付けて
今日まで粛々と、1000円キャッシュバック目指して頑張ってきました。

さて、対象のコンビニですが、メジャーどころはすべて。
セブン・ローソン・ファミマはもちろん、ミニストップやポプラ、
そしてセイコーマートやデイリーヤマザキも。

その中に、JR東日本の駅ナカコンビニ「NewDays(ニューデイズ)」があるのを発見!
いやー、ビックリしましたよ。

だって、今まで当ブログでさんざん、
「なんで駅ナカコンビニでは交通系(PiTaPa除く)電子マネーしか使えないんだよー」
と、悪態つきまくってきましたし(苦笑)

それが、QUICPayが使えるようになってるなんて!
とすると、ほかの電子マネーはどうなんだろう。
ニューデイズのホームページでチェックしてみると。
https://retail.jr-cross.co.jp/newdays/kessai/

なんと! いつの間に、QUICPayのほか、iD、楽天Edy、WAON、nanacoもOKに。
いや~、すごいわ。場合によっては、ニューデイズで航空マイルをためるのも可能に。
*クレジットカードもメジャーブランドはほとんどが使えるようです
*なんとかペイなどのバーコード決済は、今のところ中国系だけのよう

ホント、知らなかったなあ。
ずっとテレワークで、電車に乗ることはほとんどなかったから。
電車に乗っていたとしても、「ニューデイズでは交通系以外の電子マネーは使えない」と
いう思い込みがあって、たとえ通勤生活が続いていたとしても、
立ち寄ろうともしなかっただろうし。

いろいろ調べてみると、どうやら昨年(2020年)の夏ごろから、こういう動きが
広がっているよう。まあ、徐々に対応とか、地域によって異なるようですから
店舗によっては、使える電子マネーが異なるって場合も。その点はご了承ください。

それにしても。過去の自分のブログで、ニューデイズについて
悪態ついてる部分は、どう修正すればいいんだろう…(汗)
まあ、暇を見て直すってこともあり得ますが、しばらく時間がかかりそうです。


お読みくださいましてありがとうございます。次回もお楽しみに。
よろしければいずれか、クリックを。今後とも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 電子マネーへ      にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ       「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


メールはこちらへお願いします。





コメント(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

アマゾンや楽天で、JALマイルやANAマイルをためる [暮らしでマイルをためる]

こんにちは。2カ月前の記事で、JALと提携しているアマゾンの日本版サイト「Amazon.co.jp」で、
実は2021年2月15日から、特定のカテゴリーでないと、JALマイルがたまらなくなったという
案内をさせていただきました。

最初は対象カテゴリーは月替わりと聞いていたのですが、2月28日までの予定のはずが、
3月31日まで、そして4月30日までと延長され。

しばらくの間、同内容で続くことになったようです。
2021年2月15日~6月30日(発送日)マイル積算の対象商品カテゴリーは、

Amazonデバイス(200円=1マイル)
Kindle、Fireタブレット、Echo&Alexa、Fire TV、各シリーズにおけるAmazon社製アクセサリー
*他社製デバイス・アクセサリーやKindle書籍、サブスクリプションプログラムは対象外

Amazon Fashion(200円=8マイル)
Amazon.co.jp上の小カテゴリー「服&ファッション小物」、「ジュエリー」、「シューズ&バッグ」に
含まれる商品
*「スポーツ&アウトドア」、「スーツケース・トラベルバッグ」、「腕時計」に含まれる商品は対象外

*上記以外のカテゴリーはマイル積算対象外

…そうですか。なんか、永久にこれらのカテゴリーで固定だったりして(苦笑)。
まあ、JALカードで買えば、代金分のマイルはたまりますが
対象カテゴリーがお目当てのカテゴリーでないと、なんか、あんまり買い物が楽しめない気がして。

そういうユーザーたちの嘆きに応えたのかどうか、いつの間にか、
あの大手ショッピングサイトが、JALマイレージパークの仲間入りを果たしていました!

それは…楽天市場です!

楽天市場というと、かねてANAと結びつきが強いというイメージがありますが
最近JALとも、提携を果たしたというわけです。
楽天の場合、JALマイレージパークを経由して購入すると、300円につき1マイル。
正直、そんなにレートはよくありませんが、アマゾンと違い、特定のカテゴリーでの
買い物でしかマイルがお得にたまらないということはありませんから、
お目当ての商品が、アマゾンのカテゴリーで対象外になっている場合は、
楽天を利用するのもアリってことになりますね。
*マイル積算に関する注意は、下記のサイトをご覧ください
https://partner.jal.co.jp/shop/?tp=15268

さて、ANAのほうは、楽天市場との提携は変わらずということなんだろうなと思って
サイトをチェックしに行ったら、なんと、もっと大きなニュースを発見!

JAL=楽天の向こうを張ったわけではないんだろうけど、
なんとANAマイレージモールが、アマゾンとの提携を開始してました!
https://mileagemall.ana.co.jp/shops/amazon

ANAマイレージモール経由でアマゾンお買い物でのマイル換算率は、300円につき1マイル。
(ちなみにANA=楽天は、200円につき1マイル)
まあ、アマゾンでもマイル積算対象などの細かい条件はありますが、JALと違って、
特定のカテゴリーでしかマイルがお得にたまらないというのは、今のところなさそう。

ということは、ANA・JAL両方のマイルをためている場合、
どうしてもアマゾンで買い物したいけど、特定のカテゴリーにとらわれない買い物をしたい場合は、
ANA経由で利用するのもアリってわけですね。

こちらも気づかないうちに、クロスオーバーな提携が実現している昨今。
やはり自分がポイント積算などで関わっているサイトは、まめにチェックすることが大事ですね!

*アマゾン・楽天とも、偽メールがかなり横行しています。くれぐれもご注意ください


お読みくださいましてありがとうございます。次回もお楽しみに。
よろしければいずれか、クリックを。今後とも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 電子マネーへ      にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ       「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


メールはこちらへお願いします。




コメント(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

幻のお花見旅行 [あいさつ・内輪話]

本当は今ごろ(土曜~月曜の3日間)、有休を1日取って
関西方面に桜の花見や古寺めぐりなどの目的で、ひとり旅をしていたはずですが。

現実はまさに今、東京の自宅にて、
こうやってパソコンで、悔しさを込めた(笑)文章を打ち込んでいるわけです。

旅行が実現しなかった理由として、まあ、緊急事態宣言が解除されたばかりの東京はもとより、
関西方面においても、リバウンドの傾向がみられるということで
そういった報道が気にならなかったわけではないのですが。

もっと大きな理由が、いくつかあったんですねえ。


1.悪天候が予想されていた

前にも書きましたけど、私って旅に行くときは、人一倍天気を気にするほう。
特に今回は古寺めぐりはともかく、お花見となると、やっぱり曇りや雨よりは
晴れてるほうが花の見栄えもいいし、楽しい気分にもひたれるし。
まあ、その分混雑はするだろうけど、極力感染対策を取りながらということで臨むつもりでいました。

ところが。雨の週末が続きましたが今度こそ大丈夫だろうと思い、1週間前に天気予報をチェックしたら。

「えっ、また雨かよ~!」

土曜はともかく、日・月はことごとく雨の予報。
当初の計画では、土曜がまるまる移動日でしたので、よりによって肝心の日・月が…ということで、
ここで行く気がかなり失せてしまいました。

まあ実際は、日曜日こそ悪天候に見舞われるものの、月曜は天気も回復し
またお花見日和になりそうな関西地方。逆に、関東のほうが月曜まで雨が降るんだとか。
まったくもってして、「春に三日の晴れなし」ですね。


2.思ってもみなかった腕の激痛

私、寝るときはたいてい、左側を下にして横向きに寝ることが多いんですが。
この習慣がたたったのでしょうか。少し前から左腕上腕部の違和感は覚えていたのですが。

先日火曜日のこと。「ぎゃあ~」起きるなり、叫びたいほどの激痛が左腕の上腕部に走りました。
なんと、前日までは何事もなく動かせていたのに、左腕が上がらなくなり
無理に動かすと、激痛が走るようになったのです。単なる寝違えが原因とは思えません。

利き腕は右なので、生活にはあまり影響がない…と思いきや
顔を洗ったり、髪の毛を洗ったり乾かしたり、着替えしたり、あるいはパソコン操作でも
左手が思うように使えないと、なんて不自由の多いことか。

まあテレワークでしたから、仕事にはほとんど支障がありませんでしたし
料理などもなんとかこなしましたけどね。

その火曜日をピークに、湿布薬や飲み薬のおかげもあり、大変ゆっくりにではありますが
徐々に左腕の状態も回復しつつあります。
それにしても。もしこの状態で旅行を強行したら、荷物持ちにも苦労しただろうし
だいいち痛みが気になって、旅行を楽しむどころじゃなかったでしょうね…。


3.やはり経済的にキビシかったのが最大の要因

確かに天気や体調の理由も大きいですが、もっと大きいのは、やはり経済的な問題。

先月、ちょっと予定外の支出がありまして
それでもリボ払いにしておけばなんとかなるかなあ、と思って
気にしないでいたら、先日、カード会社からハガキで連絡。
なんと、リボ払い枠を上限まで使い切っていて、リボ払い不可、との話。
*その前日、ネットでチェックした時も、そんな話が出てましたが

あれ? 私、リボ払い利用するたびに可能枠をチェックしていたつもりだったのに。
計算間違えたのか? 不覚! というわけで来月は、結構な額が口座から引き落とされることに。

さらに。じつは今月初め、めでたくカード会社の審査を突破!
念願の「デルタ スカイマイル」クレジット(JCB)カードを手に入れたのです。
*もっともグレードは、一番下の「テイクオフ」カード。
ひところより経済状態が改善した…といっても、とてもゴールドカードの審査に通るだけの自信はなく…
あとテイクオフカードは、100円=1マイルのレートなので計算が楽というのも大きな理由でした

それはいいのですが、ちょうど「約3カ月間に15万円使うと、4000マイルものボーナスマイルが
もらえる」というキャンペーンをやってたので、張り切って、
ふだんの買い物、美容院、我慢していた通販の買い物などに使っていたら
わすか半月足らずで「あっという間に10万円」に迫る勢い!
*これも「同じ期間に25万円使うと1万マイルのボーナスマイル」もあるのですが、
ほかにも複数枚のカードを持っていて、約3カ月間に25万円、1枚のカードで使う余裕なんか、
全然ありません!

まあデルタのカードに関しては、来月以降の利用をセーブすればいいだけですが
例の、リボ払い枠ゼロの措置を喰らったカードのほう(デルタのカードとは別)、
もし来月もリボ払い枠が復活しなかったらどうしよう…。
これじゃ、とても旅に行ける状態じゃありませんね。

というわけで、なんだかんだいって結局旅に行けなくて、かえって助かったのかなという話。
もし行けていたら、それこそ経済的に破綻していたかもしれません。

そして、今回のトラブルを機に、これからしばらく旅行は控えようかとも思います。
もう少し待っていたら、ワクチン接種のスケジュールもわかってくるだろうし
さらに「Go To トラベル」キャンペーンも、再開されるかもしれませんし。
*正直「Go To~」には、あまりこだわってないのですが

それでも。旅好きというか、旅に関する仕事で生計を立てていた身としては
以前のように、心おきなく旅ができる日が来ることを、待ち焦がれる今日この頃です。


お読みくださいましてありがとうございます。次回もお楽しみに。
よろしければいずれか、クリックを。今後とも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 電子マネーへ      にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ       「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


メールはこちらへお願いします。



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アマゾンでJALマイルをためる [主にJAL]

じつはもうだいぶ前から、アマゾンの日本版サイト「Amazon.co.jp」は、JALと提携。
最初は確か、2006年8月より、JALショッピングのカテゴリ内で始まった
「JALショッピング powerd by Amazon.co.jp」。
JALマイレージバンク会員がサイトにログイン後、買い物をすれば
アマゾンのポイントのほか、JALのマイルが100円=1マイルの換算でためられるようになってました。

その後、2013年5月から、「Amazon.co.jp」はあらためてJMBモールと提携。
今度はレートが200円=1マイル換算に。
それと前後して、JALのマイルがアマゾンギフト券にも換えられるようになっています。
*こちらのレートは、JAL1万マイル→アマゾンギフト券1万円分

そんなわけで、JALマイラーにとって、アマゾンサイトはすっかりおなじみの存在。
事実、JALのマイルがたまるサイトや実店舗を案内した「JALマイレージパーク」内の
アクセスランキングにおいて、「Amazon.co.jp」はいつ見ても、ぶっちぎりの1位!

ところが私自身、アマゾンサイトはつい最近まで、あまり利用してきませんでした。
というのも本をはじめ、アマゾンで取り扱う商品はたいてい、定期券で通える範囲に
「JALカード特約店」の実店舗があって、そっちを使うほうが手っ取り早いから。
マイルだって、100円=2マイルの換算だから、特約店のほうが圧倒的に得!
*まあアマゾンでJALカードを使っても、お得にマイルがためられますが
商品がすぐに手に入らない、商品を手に取って吟味できないなどの手間もありますし

そんな状態でしたが、一昨年(2019年)の6月でしたか。
JALが期間限定で「アマゾンプライム」新規会員登録のキャンペーンを行なってまして。
新規登録で200マイル。ほかさまざまな特典があるというし、
「アマゾンプライムデー」開催直前でもありましたから、思わず登録。
もちろん買い物も久しぶりにしましたよ。

その後はまた「JALカード特約店実店舗利用」の生活に戻ってしまい、
アマゾンプライム会員資格は宝の持ち腐れ状態になってましたが、
2020年、突如始まったコロナ禍で、通勤生活は断たれ。
定期券が必要なくなったほか、紀伊国屋書店などのJALカード特約店も
一時期はことごとく土日休とか、平日の営業時間短縮などに見舞われ
テレワーク生活では、実店舗で買い物をすることがすっかり難しくなってしまいました。

そんなわけで、最近は、また(時々ですが)アマゾンを利用するようになり。
本のほか、実店舗ではなかなか扱ってないグッズや、日用品なども買うようになってます。

しかし。私に限らず、コロナ禍で通販の利用が急増したのも影響しているのでしょうか。

それまでは、JALマイレージバンク会員がJALマイレージモール経由で買い物をすれば
原則的に何を買っても、200円=1マイルでJALのマイルがためられるようになっていたのですが、
2021年2月15日発送分より、

・購入商品の商品カテゴリーによって、マイル積算対象およびマイル積算数が異なること
・カテゴリーにより積算対象外、200円=1マイル、200円=2マイル以上に分かれること
・対象の商品カテゴリーとマイル積算数は月替わりになること

が、案内されました。

実際、新ルール適用第一弾となる、2021年2月15日~2月28日6月30日(発送日)の
対象カテゴリーは、

Amazonデバイス(200円=1マイル)
Kindle、Fireタブレット、Echo&Alexa、Fire TV、
各シリーズにおけるAmazon社製アクセサリー
*他社製デバイス・アクセサリーやKindle書籍、サブスクリプションプログラムは対象外

Amazon Fashion(200円=8マイル)
Amazon.co.jp上の小カテゴリー「服&ファッション小物」、「ジュエリー」、
「シューズ&バッグ」に含まれる商品
*「スポーツ&アウトドア」、「スーツケース・トラベルバッグ」、「腕時計」に
含まれる商品は対象外

なお、上記以外のカテゴリーはマイル積算対象外となるそうです。
*そのほかにも、マイル積算対象外となるサービス、アクションあり

そんなわけで、私、今月分の対象となるファッションカテゴリーで先日バッグを買いました。
3月はカーディガンでも買おうかな。
そんなわけで今後はマイルがたまる商品にしぼって、アマゾンを利用するつもりです。

もっとも私、今回のことがなくても、アマゾン利用は極力控えるようにしてました。
というのも、アマゾンをかたる迷惑メールがあまりに多くって!
事実、今私が受け取っているメール全体の9割を、アマゾン偽メールが占めているのですから。

特にひんぱんにアマゾンでお買い物をされている方へ。
本物のアマゾンメールとなかなか見分けがつきにくい形で、迷惑メールが送られてきますから、
少しでも怪しいと思ったら、そのメールは開かないようくれぐれもご注意ください。
(幸い、私はまだ被害に遭ってませんが)


お読みくださいましてありがとうございます。次回もお楽しみに。
よろしければいずれか、クリックを。今後とも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 電子マネーへ      にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ       「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


メールはこちらへお願いします。






コメント(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

それでもマイルをためるのだ [クレジットカード]

あけましておめでとうございます。
といっても、今頃こんなふうにあいさつされても、ピンときませんか。
とにかく2021年最初の記事となります。今年もよろしくお願いします。

さて、宅配で購読している日経新聞の、昨日(2021年1月30日付)の土曜版に、
こんな記事が出ていました。

「コロナで変わる特典 旅行よりも日常の利用に」

ポイ探代表の菊池崇仁さんが連載している「ポイント賢者」のコラムなのですが
このコロナ禍で、クレジットカードの特典が大きく変わってきているとのこと。

まずは、泣く子も黙るステイタスカード「ダイナースクラブカード」ですが
このほど大幅に会員向けの特典を見直し、海外旅行向けの特典を一部縮小。
その一方で、国内向け特典を拡充するとのこと。

どう考えても自分には縁のないカードなのですが、サイトを見ることはできるので
「新しいダイナースクラブが、はじまる。」と書かれた特設サイトをのぞいてみました。
https://www.diners.co.jp/ja/topic/begin.html

60周年を機に、カードデザインを一新したという内容から始まって、
ページの下のほうには「ダイナースクラブ厳選の優待サービスがさらに充実」の案内が。

拝見すると、まずは「国内クラブホテルズ・旅の宿」の参加施設が大幅に増加。
贅を極めた宿への宿泊優待や、部屋のアップグレードなど、さらに魅力的なサービスが
提供されるようになるようです。

そのほか、JR東日本のクルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島」を貸し切るなどの会員限定特別ツアーや
プリンス系列ゴルフ場の利用優待、飲食店やラウンジの優待などなど。
さまざまあるのですが、共通しているのは、すべて国内のサービスや施設を対象にしていること。
おそらく一年前は、海外旅行対象の特典があふれていたはずですが
そういったものは、影も形も見えなくなっています。

またそのほかのカードでも、海外旅行向けの特典を見直す動きが出ているようです。
「ポイント賢者」のコラムによると、なかでも、旅行傷害保険の自動付帯に代わり
スマートフォン破損に備えた保険が付くようになるとのこと。

例に挙げられていたのは、こちらもステイタスカードとして知られる
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」。
下記のページによると、2021年1月から、「スマートフォン・プロテクション」という
スマートフォンが破損した場合、最大5万円までの修理代金を補償する保険が自動付帯に。
その一方で、2021年7月から、これまで自動付帯だった海外旅行傷害保険は、
旅行代金をカード決済することが条件となるそうです。
https://www.americanexpress.com/jp/benefits/gold-card/new-benefits/

また、こちらもゴールドカードの「ミライノ カード GOLD(JCB)」では、
すでにサービス提供されている「ミライノ デビット PLATINUM(Mastercard)」、
「ミライノ カード PLATINUM(JCB)」に続き、2021年2月1日から、
「モバイル端末の保険(通信端末修理費用保険)」を提供開始(年1回、3万円まで)。
https://www.netbk.co.jp/contents/company/info/2020/mg_notice_201102_info_2.html

一方、同日より「ミライノ カード GOLD(JCB)」では、国内および海外旅行傷害保険の
自動付帯が外され、カードでの旅行代金の事前決済が条件となります。
https://www.netbk.co.jp/contents/company/info/2020/mg_notice_201102_info.html
*なお、それ以外のJCBブランドのミライノ カードや、Mastercardのミライノ カードはこれまで通り、
自動付帯に変更はないもよう。特にMastercardブランドのほうは
「海外旅行をよくする人におすすめ」とあるので、外すわけにはいかないのかな

うーん、現実は海外旅行だけでなく、国内旅行にも逆風が吹いているありさま。
11都府県に緊急事態宣言が出され(一部地域は期限延長の可能性大)、
トラベルをはじめとする「Go To キャンペーン」は休止状態。
国会では野党議員、ちまたでは医療関係の専門家を中心に
「Go To~は即刻中止せよ」なんて意見がかまびすしく。

まあ、コロナの影響で医療機関がひっ迫している状況は、痛いほどよくわかりますし
今は症状が出ていない自分も、今後も感染対策に努めようという思いは変わりませんが。

現状、必死になって対策に努め、不自由な生活を我慢しているのも
いつかはきっと、「好きなところに旅行できる自由」が来ると、信じているから。

これは、旅館・ホテルとか、鉄道・航空などの旅行関連業界で働く人たち、
あるいは、本業がトラベルライターだったという私のような人だけではなく
こうした思いを持っている人は、少なくないのではないでしょうか。

最初にクレジットカードの話をしましたが、じつは私、今年の3月をめどに
新しく、デルタ航空のクレジットカードを持つ計画を立てています。

前身のノースウエスト航空時代からマイルをためはじめ、現在のマイルは、17万6426マイル。
しかし2019年でネットショッピングモールが閉鎖され、2020年は、国内線の利用で
デルタ航空のマイルがたまる「ニッポン500マイル」サービスが突然の終了を迎え。
現在、フライト以外でデルタ航空のマイルをためるとすれば、
お金でマイルを買う「バイマイル」か、あるいは提携クレジットカードを持つくらいしかありません。

デルタ提携のカードを持つことは、ずっと前から考えていましたが
経済状況が心もとなく、ここ数年は申し込みをためらっていました。
そして、昨年の年収が確定し、やっと何とか条件がクリアできそうということで決意に至ったわけです。

「こんな状況下で、今さら航空会社の提携カードですか?」という声も少なくないでしょう。
もちろん今は、気軽に海外に行ける状況にはありません。
行きたいところへ自由に海外旅行ができるのも、だいぶ先の話になるでしょう。
それでも、今は、JALやANA、そしてJR東日本(ビューカードは持ってます)エリア外、
特に西のほうに新幹線などを利用して行くときに、デルタのカードを使って、
ポイントならぬマイルをコツコツとため、来るその日に備えたいと思います。

もちろんあせらず、ゆっくりと。でも確実にかなうであろう夢を持って。

*一応目標は、デルタの提携エアラインを利用して、二人でヨーロッパ旅行
(確かエコノミークラス往復で20万マイル)を目指してますが、この状況下、
ひょっとしてまた特典に必要なマイル数が変更になるかもしれません。
(これまでデルタ航空は、改悪を何度も行ってきましたし)
また、特典自体が変わったりする可能性もないわけではないですが、それはそのときに考えます。


お読みくださいましてありがとうございます。次回もお楽しみに。
よろしければいずれか、クリックを。今後とも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 電子マネーへ      にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ       「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


メールはこちらへお願いします。





コメント(0) 
共通テーマ:特典・懸賞
前の5件 | -